笑顔無しの婚活は失敗する

会話をうまくするには、笑顔ができなければなりません。笑顔ができない人で会話上手の人はいるのでしょうか?

笑顔は会話をする相手に安心感を与えます。また相手を受け入れているという意思表示でもあるのです。

あなたが「ブスッ」と怒ったかのように無表情で会話していると、相手は「この人は私を受け入れない人だから会話しても仕方がない」と思い、これ以上会話をする気にならないのではないでしょうか?

反対に、あいさつだけでなく会話の中にも笑顔や微笑みをちりばめられたら、相手はあなたに好感を持つでしょう。すると会話がしやすくなるのです。

「笑顔なんて当たり前!」「なかなかできないから苦労しているんだ!」という声をたまに聞きます。

そうです、当たり前なのです。だからやらないといけないのです。会話がうまくいっていない方は、自分が思っている以上に笑顔や表情ができていません。笑顔や表情が良いか悪いかは相手が決めます。

笑顔がなかなかできないと思っている方は、一度、なぜできないのかを考えてみてください。

本当にできないのでしょうか? ただ意識が足りないだけなのと、「自分にはできない」と自ら殼に閉じこもっているからではないでしょうか? それではいつまでたっても会話は上手くなりません。

まず、自分は笑顔ができないのではなく、日常ではできていることを自覚してください。よほどコミュニケーションが苦手な方以外は、日常生活で笑顔をしています。親しい友人との会話やバラエティ番組を観ているとき、きっと笑っています。

会話が上手な方との違いは、ただ笑顔が多いか少ないか、笑顔が自然かぎこちないかの差なのです。

笑顔ができるかできないかは、意識と訓練が重要になります。それは表情が筋肉でできているからです。笑顔は表情の筋肉を動かせばいいので、意識があればできるはずなのです。

テーマパークのスタッフ、飛行機の客室乗務員の皆さんは、意識しているから訓練しているから、笑顔ができているのです。ただその前に、あなたが自分を殼に閉じ込めていては、いま以上には笑顔はできません。笑顔ができないのは心の問題と言えます。

あなたはきっと良い笑顔ができます。毎日を前向きに生きて、自分は笑顔ができると思ってください。訓練はその後です。